御法川 雄矢 yuya minorikawa

NHK交響楽団ヴィオラ奏者

北海道出身 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽部弦楽器科卒業

 10歳よりヴァイオリンを始め、1994年ヴィオラに転向。

                      YuyaのWhat a wonderful world


 

 1996年 桐朋女子高等学校音楽学部入学とともに指揮をはじめる
 1999年 桐朋学園大学音楽学部入学
      大学在学中から幅広い活動を行う
      バンドネオン奏者小松亮太氏のライブやレコーディング等にも参加
 2001年 「フランシス・プーランクの世界」(浜離宮ホール)「仮面舞踏会」で指揮デビュー
 2002年 川口市アンサンブルリベリテ吹奏楽団指揮(全日本吹奏楽コンクール全国大会銀賞)
      貞松・浜田バレエ団“くるみ割り人形(全幕)”関西フィルハーモニー管弦楽団指揮
 2003年 桐朋学園大学音楽学部卒業
      国際的ミュージックセミナー「ミュ−ジック・マスターズ・コースinかずさ」に招待演奏
 2004年 「GEN室内楽団」ヨーロッパツアーを成功させる
      小松亮太&オルケスタティピカ南米ツアー参加
      貞松・浜田バレエ団「眠れる森の美女(全幕)」大阪シンフォニカー交響楽団指揮
      井上バレエ団「くるみ割り人形(全幕)」ロイヤルメトロポリタン管弦楽団指揮
      吹田市民バレエ「くるみ割り人形(全幕)」関西フィルハーモニー管弦楽団指揮
       ※ その他、現在まで多くのオーケストラの指導、指揮を務めている。
 2007年 弦楽四重奏団「エレメンツ」結成(東京・北海道公演ツアー)
              (佐久間聡一 Vn、イー・ティン Vn、御法川雄矢 Va、松本卓以 Vc)
       ※ 以後、年に1〜2回の公演を全国各地で行っている。
 2009年 NHK交響楽団団員就任
 2010年 静岡交響楽団定期を指揮(堤俊作氏の代演)
      九州大学管弦楽団定期を指揮 (2010,2011,2012年)
 2011年 N響北米公演
 2012年 札幌交響楽団を「第33回全道バレエフェスティバル」で指揮
     「俊友会」管弦楽団 第49回定期演奏会を指揮(堤俊作氏から俊友会のバトンを託される)
       (フィンランディア,ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番:ピアノ青柳晋
        エルガー:エニグマ変奏曲「謎」) 
      ベルリンフィル定期公演エキストラ出演 (2012年6月8〜10日)
 
 ◆ 指揮を,故・堤俊作氏に師事
   ヴァイオリンを市川映子、ヴィオラを江戸純子、室内楽を青木十良、岩崎淑、各氏に師事。
   ヴィオラでは,N響団員をはじめロイヤルチェンバー/ロイヤルメトロポリタン管弦楽団員
   「俊友会」管弦楽団弦トレーナー・指揮
   21世紀の吹奏楽“饗宴”会員,GENチェンバー団員・マネージメント
   ヴィルトゥオーゾ横浜,小松亮太オルケスタ・ティピカ
   Elements弦楽四重奏団,昴21弦楽四重奏,3+1=四重奏,のメンバーとして活動。
   その他数多くのレコーディングやスタジオミュージシャンとして幅広い活動を繰り広げている。
   また、指揮者としてもプロ・アマの交響楽団を数多く指導・指揮している。
   「MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)」に紹介記事掲載