新十津川中学校吹奏楽部

 新十津川中学校吹奏楽部第26回定期演奏会:創部25周年記念演奏会
 
 2009年11月3日(文化の日),新十津川中学校吹奏楽部の第26回定期演奏会ありました。
 岩見沢は,朝から雪が積もりました。美唄が一番降雪が激しかった。奈井江あたりからはやんできましたが,
演奏会が始まる数時間前からは新十津川も降雪。お客さんの出足が心配でしたが,たくさんの方が聴きに来てく
れました。
 懐かしい顔・顔・顔・・・。教え子や知人の子どもさんが吹奏楽部で活躍しています。世代が変わりました。
走馬燈のように当時のことが頭を去来しました。
 当初は,10月25日でしたが,新型インフルエンザで学級や学年などの閉鎖のために,やむなく開催日を変
更しての演奏会でした。練習も大変だったそうです。10月の末頃になってようやく学級閉鎖などが解け全員が
そろった状態だったそうです。それでも,何人かはまだ病気で欠席している状態とか。
 延期した8日も,果たしてできるかどうか。中止も考えたそうですが,「何としても頑張ってやりたい」とい
う生徒たちの声に応える形で,学校や顧問の先生方が実施を決定したそうです。
 それでも,当日も残念ながら,2名の生徒が欠席でした。特に,この演奏会が最後の3年生は,出られなかっ
た生徒はもちろんのこと,仲間を欠いた状態で演奏することになった3年生にとって,とても悔しい演奏会だっ
たと思います。演奏会の最後には,顧問の月居先生が3年生一人ひとりに,心を込めて花を渡しました。最後に
客席で,どうしても病気で出ることができなかった3年生の生徒のお母さんに花をお渡ししていました。そんな
心のこもったあたたかい演奏会でした。勿論,演奏は素晴らしく迫力もあり美しいサウンドを奏でていましたよ。
そして,一番嬉しかったコは,礼儀が正しくて明るく元気な吹奏楽部だったことです。
 
 第1部は,トロンボーン奏者でもある顧問の月居先生の指揮で吹奏楽オリジナル曲。第2部は,不肖御法川が
指揮。第3部は,月居先生と一緒に指導されている高山先生が指揮を務めました。高山先生は,国語の先生です
が,南幌出身のクラリネット奏者で,滝吹のコン・マスもされています。
 私の雨竜・新十津川時代を懐かしく思い出しました。当時の空知は吹奏楽全盛期(今もそうですが)で,コン
クールで激しく競いあっていました。金賞を取れなかった時は,みんなで泣いて帰りました。
 25年前にタイムスリップしたような気分でした。              当時のこと→
 2部の本番は,生徒さんの演奏はとっても素晴らしかったのですが,私がたくさんミスってしまいました。
心よりお詫び申し上げます。新中吹奏楽部の実力で,大事故には至らずにすんでほっとしました。
さすがでしたね。こんなおじいちゃんを助けてくれてありがとうございました。
プログラムは
新十津川中学校吹奏楽部
 
第26回定期演奏会:創部25周年記念
   とき:2009.11.3 開演:午後2時
   ところ:新十津川町総合福祉センター「ゆめりあ」ホール
 
プログラム
 
第1部
1,マーチ「青空と太陽」
2,三つの花言葉」より「フリージア」
3,ブルー・リッジ・サガ
 
第2部
1,鍛冶屋のポルカ
2,ハンガリー舞曲だあ5番
3,組曲「道化師」より「ギャロップ」
4,グリーンスリーブズ
 
第3部
1,雨にぬれても
2,ディスコ70’s
3,宇宙戦艦ヤマト〜銀河鉄道999
4,メリッサ
5,ONE LOVE
 
クロージング
◎ レッツ・スウィング
 
 
 生徒たちの司会で,楽しく進行しました。
 新中吹奏楽部の益々の活躍を,いつも祈っています。
 そして,全国各地で活躍されているOBや先生方にこのコーナーを贈ります。(みのさんより)

    フォトギャラリー